平成28年年賀寄附金配分助成事業の趣旨

外国人技能実習生」受入事業協同組合・企業のみなさんへ!  

           外国人技能実習生受入事業支援実行委員会

           事務局:NPO法人メンターネット

              TEL:086-280-6076

             E-mail: visa@mentor.or.jp

 

  2010年7月1日より施行された「技能実習制度」が6年たちました。

入管法・技能実習制度改正法案は2016年の通常国会でも継続審議となりました。 「介護技能実習制度」も含めた法改正の施行は平成29年度となる見通しです。

この度、NPO法人メンターネットが日本郵便株式会社の「平成28年度年賀寄附金配分事業助成金」を得たのを機会に関係団体とともに「外国人技能実習生受入事業支援実行委員会」を設立しました。

 これまでも、NPO法人メンターネットは微力ながら、受入企業の法令順守(コンプライアンス)と安全・安心の技能実習をサポートするために、トラブルを未然に防ぐ相談業務と日本語学習支援、法的保護情報講習など「技能実習制度適正化事業」をしてまいりました。  

 当NPO法人は「外国人技能実習生受入事業支援実行委員会」の事務局として、協同組合及び海外の送出し機関等と連携し、技能実習生受入事業をより良いものにしていきたいと考えています。 皆さんのご協力、よろしくお願いします。  

◎無料相談会 日時:毎週木曜日 13:30~16:00

場所:NPO法人メンターネット事務所(岡山市北区南方2丁目13-1                      きらめきプラザ2階・ゆうあいセンター3号室)

相談員:入管専門行政書士・社会保険労務士等(通訳者は事前予約)                         フリーコール    クイック   つなぐよ ◎専用フリーコール電話:0800-919-2794  

*休日・夜間のご相談は (Soft Bank)080-3475-3236 に転送しています。

メール相談: E-mail: visa@mentor.or.jp  事務局電話:086-280-6076  

*平成28年度年賀寄附金配分助成金により運営されています。    

 

           平成28年度年賀寄附金配分助成金事業

外国人(介護)技能実習生受入れのための

日本語教育及び(法的保護情報講習等)各種講習事業

  地域経済活性化と中小企業経営にとって外国人技能実習生はなくてはならない人材になっています。しかし、日本語でのコミュニケーションの不十分さや技能実習制度・労働関係法令上の知識不足からトラブルが発生していることも事実です。

この事業の目的は、問題の発生を未然に防止し、技能実習生が日本語でコミュニケーションが図れ、安全・安心な就労と生活がおくれるように支援することです。

私たちは、日本の中小企業とアジアの関係各国の関係者が友好を深め、国際協力・国際貢献に寄与することを願っています。  

1、E-ラーニングによる(介護)技能実習生向けの双方向の日本語教育

●事前(来日前)の日本語教育(日本語能力試験・N4程度)  ベトナム・フィリピンなど希望する海外の送出し機関・日本語教育施設の協力を得る。

①双方向のWeb会議システムを使用し、N4取得を重点とする。

②当面、義務付けられた160時間以上の集合教育の補講として行う。

  2、多言語による法的保護情報講習・技能専門研修などの講習と 翻訳通訳者ネットワークの活性化  

●講習希望の監理団体(協同組合)を募集(5団体以上)

①講義内容:「講習」で指定された入管法・技能実習制度、労働関係法・不正行為対応方法

②対象言語:英語(フィリピン)、中国語、ベトナム語、インドネシア語など

③独自テキストを改訂し、岡山の地場産業と技能実習生が多い主な業界の紹介もする。  

3、監理団体(協同組合)・介護福祉施設との懇談会開催と個別相談  

●協同組合外国人技能実習サポートセンターと協働し、将来の介護技能実習生受入れの 準備として、監理団体や介護福祉施設との研修会・懇談会を開催し、入管申請の実務や個別の相談を受けます。  

4、「技能実習生受入事業支援」Webサイトの構築  http://ginou.mentor.or.jp/   ●本事業に協力いただける団体に賛助会員になっていただき、必要な情報提供をする。 ①日本語教育をライブ中継・録画し、ビデオオンデマンドとし、動画で掲載する。

②翻訳・通訳者を加え、多言語で日本の生活文化・防災情報などを掲載し、技能実習生の日本語学習などにも活用いただけるWebサイトとします。