作成者別アーカイブ: 管理者

「外国人技能実習制度普及セミナー(惣菜編)」のご案内

平成27年7月22日(水)に岡山県中小企業団体中央会主催の「外国人技能実習制度普及セミナー(惣菜編)」が開催されます。
平成27年4月1日より技能実習制度の職種に新しく「惣菜製造(惣菜加工作業)」が追加されました。
惣菜製造業者のみならず、一部飲食店等、作業要件を満たす多くの食品加工業者が、技能実習生の受入れの対象となります。
惣菜製造業職種(惣菜加工作業)の詳細は下記を参照してください。…
http://www.mhlw.go.jp/…/06-Seisakujouhou-118…/0000085303.pdf

惣菜業で技能実習生の受入れをお考えの事業者、監理団体の方はぜひご参加ください。
日時:平成27年7月22日(水)17:10~20:30
(セミナー17:10~19:15 懇親会19:30~20:30)
場所:岡山プラザホテル

詳細は岡山県中小企業団体中央会ホームページへ
http://www.okachu.or.jp/?p=3374

「外国人介護技能実習生受入れ岡山懇談会」のお知らせ

image-0001 image-0002

懇談会のご案内です。

625日(木)に「外国人介護技能実習生受入れ岡山懇談会」が開催されます。弁護士法人岡山パブリック法律事務所主催、NPO法人メンターネットは協力団体として参加しています。

社会福祉の現場で介護職の人手不足が課題となる中、入管法では外国人技能実習制度に介護分野への技能実習生の受入れが検討されています。2016年に実施を目指しています。

行政においても、社会福祉事務所や医療福祉関係の部門では関心を持たれていると思います。しかし、外国人介護技能実習制度が導入されると様々な問題が起こることが予想されます。

社会福祉現場の方も疑問点や不安な点を数多くお持ちのことと思います。

 そこで、しっかりとした受け入れ態勢をつくっていくためにも、懇談会を開き、意見交換をしつつ勉強を行っていくことが大切になってきます。

 「外国人介護技能実習生受入れ岡山懇談会」では、弁護士・行政書士などの専門職が技能実習制度や手続きについて説明を行い、介護福祉士や社会福祉士や現場の専門家と意見交換を行っていきます。

 関心のある方は是非ご参加ください!

 

 

ベトナムジョイントセミナー 2014 in Hanoi

前回記事にも書きました『ベトナム・インドネシア経済ミッション2014』の主要な目的の一つとして、
11月4日に『ベトナムジョイントセミナー 2014 in Hanoi』に参加してきました。

ベトナムの送り出し機関が10社以上参加され、またベトナム労働省の方も参加されていました。
基調講演があり、送出し機関の方の講演があり、個別の商談がありと、非常に活況なセミナーでした。

送出し機関の方の熱意がとても伝わってくるセミナーで、
またちらほらと送り出し機関に日本人スタッフがいらっしゃったのがとても印象的でした。2014-11-04 16.56.13 2014-11-04 16.48.50

ベトナム・インドネシア経済ミッション2014

11月3日から11月9日まで、ベトナム・インドネシアを視察する「ベトナム・インドネシア経済ミッション2014」に参加してきました。

視察中は、各国の行政機関を訪問し、また介護施設や職業訓練校の視察を行い、さらには技能実習生の送り出し機関と交流を深めてきました。

近年、マスメディア等で批判的な論調をよく目にする『技能実習制度』ですが、送り出す側のアジア諸国にもこの制度を必要とする様々な事情があり、単純に良し悪しだけで片付けられる問題ではないということを実感させられました。

日本にいるあいだには見えてこなかったものを数多く吸収することができ、大変有意義な視察となりました。

10174926_557014054443050_6929648885899589076_n[1]

外国人建設就労者受入事業に関する告示案に係る意見

国土交通省よりパブリックコメントがありましたので下記のように意見を述べました。

 岡崎博之行政書士事務所 所長 岡崎 博之

外国人建設就労者受入事業に関する告示案に係る意見

(該当箇所)
告示案全般、告示追加提案及び運用(指針)

(意  見)
1、告示案全般
1) 現行の技能実習制度と実態とがかい離している中で、さらに矛盾を深めることのないよう入管法上の位置づけを明確にし、整合性を説明する必要がある。
2) 問題発生後の不正行為の監査・処分強化方針でなく、労災事故を未然に防止するなど外国人建設業就労者の安全・安心な仕事と生活、人権を保障する文言の具体的な成文化が不十分である。
3) 当該就労者の自主性を尊重すること、技能や日本語能力を向上させることなど技能実習制度に関わる「指針」を質的に進化させた運用にすべきである。

2、告示に追加すべき事項
1)現場で作業させる前の建設機械などの技能講習・特別教育の義務化をすべきである。形だけの社内の「特別教育」や技能実習生時の講習で十分といえるのか。外部講習での講習時間の保障や実施企業への助成金支給の方が効果的である。
2)東日本大震災復興工事を重視するのはよしとして、元請の一括申請を想定しているように見受けられるが、「除染」作業に従事させるなど作業内容や「とばし」などの不正行為のないようにする必要がある。「多能工」の必要性はあるが拡大解釈とならないような「用語」の説明をする。
3)就労者の法令遵守や就労事業所の移動や一時帰国など自主性の尊重についても明記すべきではないか。
4) 賃金について明記されていないので最低賃金でも良いと受け取られる可能性がある。少なくとも解説にある「技能実習生を上回る報酬を確保」程度の文言は明記すべきである。
3、運用(指針)
1) 法務省指針どおり技能の評価について最低「基礎1級」「技能検定3級」相当とすべきである。
2) 日本語学習支援の施策について明記し自ら努力し支援した機関を評価する。
3) 海外の送り出し機関などの不正行為に対する実効性ある対策が必要である。
4) 制度推進事業実施機関についてJITCO以外は認定されないのか。都道府県の適正管理推進協議会には行政書士など実務者・専門家を加えることが望ましい。

以上、10数年、研修・技能実習制度の実務に関与し、制度の適正な運営をサポートするNPO法人メンターネットを運営してきている者として意見を提出をさせていただきます。

「外国人技能実習生」受入の事業協同組合・企業のみなさんへ!

「外国人技能実習生」受入の事業協同組合・企業のみなさんへ!

外国人技能実習生受入事業支援実行委員会 
(事務局:NPO法人メンターネット)
岡山市中区浜604-3 トラスト井上ビル2F
TEL:086-272-9839

 2010年7月1日より施行された「技能実習制度」が4年たちました。
2012年11月1日より施行された「不正行為に係る省令改正」により監理団体である事業協同組合として受入企業(実習実施機関)を監査をする役割が重視され、今春より、監査項目が具体化され、実務が煩雑になっています。

NPO法人メンターネットは、前年度、日本郵便株式会社の「平成25年度年賀寄附金配分事業助成金」を得て、岡山県中小企業団体中央会様などのご協力のもとに「外国人技能実習生受入事業支援実行委員会」を設立し、下記事業の活動をしてきました。
1、動画システムを活用した多言語による法的保護情報講習
*対象言語:英語(フィリピン)、中国語、ベトナム語、インドネシア語。
*中央会と共同で岡山の地場産業紹介と日本での生活・風俗習慣等の独自テキストを作成。
2、事前(来日前)の日本語教育
*ベトナム・ハノイの送出し機関・日本語教育施設の協力を得て、双方向のWeb会議システムを使用し、会話・アドバイスを重点とした。
3、来日後の日本語教育、技能講習・特別教育企画
*来日後2か月目から教育する。週1回、2時間、ライブ中継で行う。
*講習期間中の玉掛・クレーン・フォークリフトなどの技能講習・特別教育の企画
4、「技能実習生受入事業支援」Webサイトの構築  http://ginou.mentor.or.jp/ 
*本事業に協力いただける団体に賛助会員になっていただき、必要な情報提供をしてきた。
①日本語教育をライブ中継・録画し、ビデオオンデマンドとし、動画で掲載した。
②翻訳・通訳者を加え、多言語で日本の生活文化・防災情報などを掲載した。

今後も、監理団体・実習実施機関・送出し機関で連絡・調整・面接などや技能実習生の日本語学習などに活用いただけるWebサイトなど事業を継続させていきたいと思いますので 皆さんのご協力、よろしくお願いします。
  フリーコール クイック  つなぐよ
◎専用フリーコール電話:0800-919-2794  E-mail: visa@mentor.or.jp  
*日曜・休日・夜間のご相談は (Soft Bank)080-3475-3236 に転送しています。

寄付のお願い:みんつく「割り勘で夢をかなえよう!」プログラムに採択されました。

みんなでつくる財団おかやま(みんつく)の「割り勘で夢をかなえよう!」プログラムに採択されました。地域の社会問題の解決を寄付を集めて実現するプログラムです。(事業指定プログラム)
https://motion-gallery.net/projects/tagengoweb

今回のプログラムに採択されたは、メンターネットで取り組んでいる外国人技能実習生受入支援事業です。このプログラムに採択されたことによって、「受入支援事業のWebサイト」「フリーコールでの電話相談」の強化を目指しています。

続きを読む

日本語作文コンクール2013が行われました

2013年10月20日(日)にピュアリティまきびにて「日本語作文コンクール2013」が行われました。
(主催:岡山県中小企業団体中央会・岡山県外国人技能実習生受入組合協議会)

日本語作文コンクールの発表の模様の動画再生する
再生にはAdobeFlashが必要です。